手汗 止める 方法 対策

手汗の原因となる自立神経失調症

手汗の原因はいろいろあると言われていますが、そのうちの大きな原因が、
自立神経系統の不調にあることが分かっています。
ここでは、人体にある無数の神経のうちの自律神経失調症と手汗について説明します。

 

自律神経失調症と手汗の因果関係

自立神経には、交換神経と副交感神経があり、このふたつの神経は、血液の巡りや、
対応調節、呼吸や生殖、消化などを調節していますが、
発汗現象もコントロールしています。

 

なお、自立神経を自分の意思で操作することはできませんから、
交換神経と副交感神経のバランスを自分で調節することはできません。

 

交換神経が強くなると発汗する

自立神経のうちの交換神経はプラス的なもので、交換神経が活発になると、汗をかきます。
運動をしたり、興奮すると汗がでますし、緊張すると交換神経が活性化して、手汗をかきます。

 

なお、この作用が強度になると手掌多汗症と精神性発汗が顕著になります。

 

精神性発汗と手掌多汗症

精神性発汗は、あくまでも一時的な現象ですから、その原因となる不安や緊張、
興奮などが沈静化すれば、手汗は止まります。

 

しかし、自律神経が失調、つまり乱れために起きる手掌多汗症では、
自律神経そのものが異常を来しているので、自然には治りません。

 

自律神経失調症は厄介で、なかなか治りにくいようですが、診療と治療は、
病院の心療内科や専門医院です。
ちなみにうつ病もこの範疇に入りますから、手汗とうつ病とは無関係ではないようです。

 

なお、今のところ、なぜ自律神経が失調するかについては、
これだという原因は分かっていないようです。
汗かきを改善