手汗 止める 方法 対策

手汗の量には3つのレベルが存在する

夏場などは特にそうですが、普通に歩行しているだけでも発汗するものです。
もちろん、別に発汗するという事自体には何らおかしい点はありません。
しかし、何も変わった行動は取っていないのに異常に発汗する、
特に手のひらからの発汗が多いというのであれば、手掌多汗症の可能性があります。

 

もちろん手のひらから汗が出るからと言って、必ずしも疾患であるわけではありません。
特に要因も無さそうなのに、手のひらから異常に発汗する、
それ以外の箇所からはほとんど汗が出ない、
という状況の場合は、何かのサインの可能性があります。

 

ちなみに、アクション映画などを観て興奮して手のひらから発汗……などというのは、
全く正常です。

 

手汗の分量のレベルは3個

何もしていない折の発汗は、分量により3個のレベルに区別されます。

 

・レベル1
手のひらが発汗により湿っている

 

・レベル2
手のひらに水滴が生じる(ぽたぽた落ちはしない)

 

・レベル3
手のひらから汗がぽたぽた滴る

 

レベル2、3はもちろんですが、レベル1の場合でも手掌多汗症の可能性があります。
ですが、現実的にはレベル1ぐらいであれば、それほど支障は無さそうですね。

 

手掌多汗症の症例

手汗の分量に対する不安を抱き、心療内科を訪れ、
そこで手掌多汗症だと判断され、薬品治療を行ったというお話です。

 

何もしていないのに、手のひらから大量の汗が出てくるので、
その男性は友達に打ち明ける事にしました。

 

たまたまその友達も手掌多汗症の体験者だったので、
即座に心療内科に行かせる事が叶ったのです。

 

手汗の誘因が自律神経失調症だったため、薬を用いた治療をスタート。
数年後に、無事治りました。

 

この例のように、身体的な誘因とは毛色が異なる、
精神的な誘因であるケースもあります。
異変を覚えたら、自分にあった病院に行くようにしましょう。
手汗 止める